育成体制

人材育成方針

  1. カリキュラム・教材の策定、製作および維持、管理
    • 人材育成カリキュラムの開発
    • 教材の策定、製作
    • カリキュラム・教材のバージョンアップおよび維持、管理
  2. 講師の確保・調整・派遣
    • 会員企業の協力・支援による講師の確保
    • 講師の役割分担、カリキュラムへの派遣、調整
    • テーマに応じたその分野のトップエンジニアの招聘
  3. 講義・実習の開催、実習・演習環境の運営管理
    • 大学における寄付講座開設等を通じた、講義・セミナーの開催
    • 専門学校、高専との連携による授業の開催
    • 実習・演習環境の運営・管理
  4. 認定制度の策定・管理、インターンシップ体制整備、認定者の「出口」対策
    • 認定基準の策定、認定制度の整備
    • 認定者へのインターンシップを含めた企業側の雇用受け入れ体制の整備
    • 大学等、学術機関における技術アシスタントとしての雇用受け入れ体制の整備

人材育成の流れ

座学とグループによる実習を組み合わせた、理論と実戦に即した教育カリキュラムを計画しています。従来の区分である「ネットワークエンジニア」と「サーバエンジニア」の垣根を無くし、ソフトウェア技術とプログラミング技術を利用して、外部クラウドを組み合わせた迅速なサービスインフラを設計・構築できるエンジニアの育成を目指します。
また、エンジニアにとってチームワークを行うために重要なものは「コミュニケーション能力」です。この点も重視した人材育成を行います。

カリキュラムは3段階となっています。
STEP1では主に 座学を中心として、コンピュータサイエンスの基礎理論から最新のクラウド、SDNに関する理論まで、新時代のエンジニアとして必要な知識を修得します。
STEP2では、グループによる実習を行います。実戦のシナリオに即した課題を与え、グループにてその課題に取り組むことでコミュニケーション能力とアーキテクト能力を育成します。

高度ITアーキテクト人材育成イメージ

高度ITアーキテクト人材育成イメージ

受講のご案内

高度ITアーキテクト育成協議会へ入会を希望される方は、お問い合わせページよりお問い合わせください。

お問い合わせ